フェリチンが低いとどうなるの?

フェリチン低い

エッセンシャル思考を読んで睡眠はやっぱり重要と感じたあかね(@kouketuatu10)です。

一流の経営者ほど睡眠を大切にするそうです。
以前はどれだけ睡眠を削って働く時間を確保するかというのができる人のステータスだったそうですが、今はどれだけ良質な睡眠を確保できるかができる経営者のステータスになっているそうです。

そりゃそうですよね。

眠いと生産性が低くなるし、いいものを生み出すことはできません。

しっかりと睡眠をとって、クリアーな思考で仕事をこなすようにしましょう。

前回は、フェリチンの高い原因にフォーカスしましたが、今回は【フェリチン】が低いとどうなるのかについて考えてみたいと思います。

フェリチンとは

前回の復習になりますが、まず、フェリチンについて紹介しておきます。

前回は、みんなが知らない【フェリチン】と紹介したのですが、たしかにあんまり注目されない数値ですよね。

フェリチンは、すい臓、肝臓などの臓器に存在し、鉄分のコントロールに関係する成分です。
血液中に含まれるフェリチンは微量なので、微量のフェリチンの値が低い場合、できるだけ早く鉄分を補給する必要があります。

ちなみにフェリチンの正常値は、女性で5ng/ml〜156ng/mlで、男性の20ng/ml〜280ng/mlに比べると数値が低くなっています。

これは、女性の生理(月経)が原因と考えられていますので、男性より女性の方が気にかける必要のある数値ですね。

フェリチンが低い原因は?

フェリチンの数値が低い原因は、主に整理による出血で鉄分を体外へ排出してしまうのが原因です。

血中のフェリチンは微量しか含まれていないので、それが更に失われると大変です。

血液中のヘモグロビンは全身に酸素や栄養素を運び、二酸化酸素や不要物を体外へ排出する役割を担っています。

その働きが失われてしまう病気が「鉄欠乏性貧血」で、その検査を正確にできる値がフェリチンなんです。

最初に説明したように、女性の多くは、もともと肝臓やすい臓に蓄えられる血液の量が少ない「潜在的鉄欠乏症」であるとされ、女性の6割が貧血症状にあると言われています。

原因は月経であることがほとんどですが、運動により鉄分が失われることによる貧血も考えられます。

フェリチンが低いとどうなる

フェリチンが低い状態にあると、

血液中に肝臓などに貯蔵されているフェリチンが使われ、血液中に鉄分が補給されますが、失われたフェリチンを補わなければ、どんどんフェリチンが少なくなることになります。

そして、最終的には、フェリチンだけでなく、ヘモグロビンの生成にまで影響を及ぼして、酸素や栄養素を体に届ける役割を果たさなくなってしまいます。

たかが貧血といってほっておいたら、大変なことになってしまうので、注意が必要です。

フェリチンが低い状態になると次のような症状が現れます。

  • 肌荒れ
  • 体調不良
  • ボーっとする
  • イライラ、倦怠感
  • 不眠、うつ

体調がおかしなことになる前に対策をしなければなりません。

フェリチンを増やすには

フェリチンを増やすためには、鉄分を取る必要があるのですが、一度にたくさん摂取しても必要以上の鉄分は排泄されてしまいます。

とはいえ、鉄分の多い食品を摂取することで不足分を補うことができます。

鉄分は、動物性食品に多く含まれる【ヘム鉄】と野菜や穀物に多く含まれる【非ヘム鉄】があります。

これらの2つは、同じ鉄でも体内に吸収される効率が全く違い、ヘム鉄で10%〜30%、非ヘム鉄で1%〜5%と言われています。

非ヘム鉄は、大量に摂取することで、活性酸素を生成してしまったり、肝臓に余分に蓄積してしまう可能性があるため、フェリチンが低い場合で、フェリチンを増やしたい場合は、ヘム鉄のサプリを選ぶようにしましょう。

サポニンの効果

直接ヘム鉄を摂取するのもいいのですが、体のめぐりを良くすることに効果のある成分を取り入れることも効果的です。

【サポニン】という成分は、様々な効果があり、体のめぐりを良くしてくれる漢方薬に含まれている成分として最近注目を浴びています。

その効果としては次のようなものがあります。

  • 抗酸化作用
  • 免疫力向上
  • 血流改善
  • 肝機能向上
  • 肥満予防

これだけみると万能の成分ですよね。

生活習慣病の改善に非常に役立つ成分で、漢方薬では、科学的な根拠がない時代から広く滋養強壮にきくものとして利用されてきました。

サポニンという成分に注目していたわけではありませんが、あなたも聞いたことのある高麗人参にたくさん含まれていたということです。

サポニンたっぷりのサプリ【白井田七】

そして、ほんの数年前まで日本では全く注目されていなかった漢方薬の材料が注目をあびることになりました。

それが、【田七人参】で、

サポニンの含有量は高麗人参のなんと7倍!

フェリチン 低い 原因 白井田七

そんな【田七人参】をまるごと使ったサプリが【白井田七】で、【白井田七】に使用されている【田七人参】は日本人が中国雲南省で作っている有機無農薬栽培の安心安全な田七人参です。

中国って、お金さえ儲かるなら、健康なんて二の次なんです。

中国の太ったうなぎを見たことがあるかと思いますが、あれはホルモン剤をたくさん与えて現在の科学技術で太るだけ太らせた体には全く良くない食べ物です。

田七人参は、大きく黒光りがして、重いものが高値をつけるので、化学肥料を与え、虫に食われないように農薬をたっぷり与えています。

ひどいところでは、田七人参が栽培されている近くの川で豚の死骸が浮いているという衝撃の事実もあるくらいです。

そんな状況をなんとかして、数千年前から利用されている【田七人参】の本来の力を取り戻そうと不可能と言われた無農薬栽培に取り組んだのが株式会社アドバンスの白井隆博氏です。

そのへんの詳しい話はこちらのページで紹介しているので一度ご覧になってみてください。

【白井田七】更年期がつらい女性のためのサポニンたっぷり田七人参!

で、その白井氏が作った究極の漢方サプリ【白井田七】をぜひ体験してみてください。