ヘモグロビンA1cが高いってどういうこと?あなたの背後に糖尿病が迫っていますよ!

ヘモグロビンA1c 下げる方法

一気に秋が来たような寒さで風邪を引いてしまいそうなあかね(@kouketuatu10)です。

とはいえ、白井田七を飲んでいるおかげか、とくに体調不良を感じなくなってるんですよ。

あなたも一度【白井田七】を試してみてはどうでしょうか?

【白井田七】は生活習慣病の予防に効果のある漢方サプリなので、使ってみると他のサプリとの違いがわかりますよ。

では、本日の本題である【ヘモグロビンA1c】について解説していきましょう

ヘモグロビンA1cは血糖値の指標

血糖値は食事をするとあがります。
間食によってもあがります。

食べ物が腸で吸収される際にすい臓からインスリンが分泌されて、血糖値を下げてくれるわけですが、血糖値を急激に上げて、急激に血糖値が下がるものやゆっくりと上昇して、血糖値がゆっくりと上がったあと、ゆっくりと時間をかけて下がる食品があります。

血糖値に関係する数値として【GI値】をいうものがあり、ダイエットに取り組むためにはこの【GI値】を意識することが大切になります。

GI値については、こちらの

血糖値が高い人にとってとても気になる血糖値のお話

が参考になります。

食事で血糖値が上昇するので、測る時間やタイミングによって、血糖値の値にはかなりばらつきがあります。
他の数値も食事によって、上がったり下がったりするため、健康診断などで朝食をとらずに血液検査をするのはこのためです。

このような問題を解決するために取り入れられているのもが【ヘモグロビンA1c(HbA1c)】です。

ヘモグロビンA1cは赤血球の中に存在するヘモグロビンがブドウ糖と結合してできたものですが、ヘモグロビンA1cは、採血したときからさかのぼり、2ヶ月の平均の血糖値を得ることができる指標となります。

また、ヘモグロビンA1cは血糖値の判断基準として最もよく使われている指標で、糖尿病など治療や診断でよく使われています。

ただ、ヘモグロビンA1cは、比較的新しい指標なので、状況を加味しながら数値基準が変えられてきているのが現状です。

ヘモグロビンA1cが高いのは良くない?

当然のことながら、ヘモグロビンA1cが高いと血糖値が高いということなので、健康に良くありません。

なので、ヘモグロビンA1cの値を下げる必要があるのですがヘモグロビンA1cの値を下げるとなると地道な運動や健康的な食生活が必要不可欠になります。

ヘモグロビンA1cを下げる方法は、毎日地道にウォーキングを行うなど、健康な生活をおくることが大切です。

というのも、短期間で改善されるものではないので、血糖値が上がらないような食事制限を数ヶ月持続しなければヘモグロビンA1cの値は高いままです。

糖尿病の治療にも関連しますが、ヘモグロビンA1cの値を下げるためには具体的に次のような運動と食事を継続する必要があります。

  • 1日30分以上のウォーキングを週3日程度
  • 1日1万歩
  • 甘い物、脂っこいものを控える
  • 野菜をしっかりとる
  • 食べすぎない
  • よる9時以降に食べ物を取らない

即効性のある治療法はないので、地道な努力を続けるしかないんですよね。

サポニンいっぱいの【白井田七】

生活習慣を改善することに加えて、漢方サプリを取り入れることも効果的です。

漢方は中国の長い歴史がつちかってきた叡智が集約されたものなので、人間が持つ本来の力を呼び覚まして活力を与えてくれます。

そんな漢方薬の一つに【田七人参】というものがあります。

田七人参は今でこそ日本でもよく名前を聞くようになりましたが、それは一人の日本人が中国で【田七人参】と出会ってから、田七人参に人生を描けた挑戦をおこなったからなんです。

その日本人が株式会社アドバンスの白井隆博氏なのですが、
詳しくはこちらの記事に白井田七について書いているので、ぜひ読んでみてください。

【白井田七】更年期がつらい女性のためのサポニンたっぷり田七人参!

そんな、人の人生をも左右する田七人参ですが、何がすごいのかというと【サポニン】という体のめぐりを良くする万能の成分の含有率がはんぱなく多いんです。

サポニンは、体に良くないとされる活性酸素を除去し、過酸化脂質の生成を抑制し、血管内に脂肪が蓄積することを防いでくれます。

他にもサポニンの効果は次のようなものがあります。

  • 免疫力向上
  • 血流改善
  • 肝機能向上
  • 肥満予防

万能の漢方成分ということです。

このような効果が期待できるサポニンたっぷりのサプリが【白井田七】です。

原材料となる【田七人参】は、中国の自社で栽培した無農薬有機栽培で栽培された【田七人参】で、【白井田七】には98%その【田七人参】が使われて、残り2%は、錠剤にするためのつなぎで、有機栽培の玄米が使われています。

【白井田七】に余分なものは使われていません。

また、先に紹介した記事を読んでいただけるとわかるのですが、白井氏が【田七人参】と出会ってから、【白井田七】の商品化まではなんと12年もの歳月が費やされているんです。

そんな白井隆博氏の人生をかけた商品である【白井田七】をぜひ体験してみてください。