血糖値を下げてホルモンバランスを整える食材は玉ねぎだった!?

血糖値を下げる 玉ねぎ

ホルモンバランスといわれて少し戸惑うあかね(@kouketuatu10)です。

バランスというと、どうしても平行棒をイメージしてしまうんですよね。
落ちると痛そうですよね。それなのに、体操選手とかってあの上で回ったりするじゃないですか。
そんなこと怖くてできないですよね。体操の選手ってほんとバランス感覚が優れてるんだろうな〜って改めて思っちゃうんですよね。

そのバランスとは違いますが、わたしたちの体に関係するホルモンのバランスを整えて、血糖値を下げる食材について紹介してみたいと思います。

ホルモンバランスを整える栄養素

女性は基本的にホルモンバランスが崩れやすいと言われています。
それは、月経のせいで出血によって大量に鉄分が失われるため、ホルモンのバランスも崩れやすくなるからです。

そんな女性のホルモンバランスを整えてくれる栄養素が次のようなものです。

  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • 大豆イソフラボン
  • ナイアシン

ビタミンEを多く含むものは、かぼちゃやアボガド。亜鉛を多く含むのは、レバーやごま、アーモンド、大豆イソフラボンはその名のとおり大豆製品、そして、ナイアシンは、たらこやブリ、カツオといった食材に多く含まれています。

この中でも上記のビタミンE、亜鉛、大豆イソフラボンは、ホルモンバランスの調整に効果のある成分で、ナイアシンは、ホルモンの合成に関係している成分に分けられます。

特に、ダイズイソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と同じ働きがあるので、ホルモンのバランスが崩れて起こる更年期障害の予防のために重要な栄養素であると言えます。

また、大豆以外にもダイズイソフラボン同様に女性ホルモンと同じ働きをしてくれる成分を含んでいるのが、マカやザクロの種子に含まれているので、見つけたときには試してみてください。

血糖値を下げる効果的な食品

血糖値を下げる効果的な方法については、こちらのエントリーでも紹介しています。

血糖値が高い人にとってとても気になる血糖値のお話

血糖値を下げる食べ物ベスト3を調べてみたら、驚きの結果に!

血糖値を下げるためにあなたが知っておくべき3つのポイント

簡単に紹介しておくと、

食物繊維を多く含んだ野菜やきのこ類、海藻類、ミネラルの一種となるクロムをたくさん含んでいるきのこ類や豆類、魚介類や玄米などの精製サれていない穀類があげられます。

玉ねぎがすごい!

血糖値を下げる 玉ねぎ

玉ねぎは、意外と優秀で、玉ねぎの中に含まれている硫化プロピルという物質がブドウ糖の代謝を促進し、結果的に血糖値を下げてくれる働きが期待できます。

硫化プロピルは生の玉ねぎにたくさん含まれていますが、みじん切りにして細胞が潰れてしまうと成分が失われやすくなるので、繊維に沿って薄切りにして、サラダとして生で食べるのがおすすめです。

注意しないといけないプリン体

血糖値を下げる 玉ねぎ

血糖値ではなく尿酸値が気になる人にはプリン体も気になるかと思います。
プリン体は、水溶性で煮干しや鰹節、干ししいたけを煮たあとのだし汁にプリン体が溶け出しています。
調味料のだしにもプリン体が入っているので、スープやだし汁のとりすぎには注意が必要です。

豚骨や鶏ガラスープを使ったラーメンなどのスープにもたっぷりプリン体がたくさん含まれているので、スープまで完食!?してしまわないように気を付けましょう。

健康な生活習慣が大切

やはり、健康は日々の積み重ねが大切です。
日々の健康管理をするために、さまざまな便利なアプリがあるので、使いようによっては、あなたのライフスタイルをきちんと管理して、健康な生活をサポートしてくれるパートナーになります。

もちろん、自分が何をするのか、何を食べるのか、意識した上で、生活をおくることが大切なのですが、この先は、そんなことすらも自動でAIがサジェストしてくれる世の中がやってくるのかもしれません。

血糖値を下げて、ホルモンバランスを整えるために、食事を見直してみてはどうでしょうか?