肝臓の数値が高いとどうなるの?お酒好きな人は必見!!

肝臓の数値が高いとどうなるの

最近肝臓が疲れ気味のあかね(@kouketuatu10)です。

最近、「なぜ性欲がつよくて救いようのないおじさん上司になってしまうのか?」なんて記事を読んで、どうしようもないですね〜と感じています。

ほんとそんなおじさん上司多いんですよね。世の中には。

とはいえ、そんな記事に目が行く私もちょっぴりおじさん化してるんじゃないかと心配しちゃうんです。

そんなおじさんにはちょっと気になる「肝臓の数値が高いとどうなるの?」という疑問に答えちゃいますよ。

肝臓の数値が高いというのは

「肝臓の数値が高いとどうなるの?」

と思っているあなたは、肝臓の数値が高いということがどういうことか理解できているでしょうか?

そもそも肝臓の数値ってなに?

という人もいないと思いますが、肝臓の数値について少しふれておきますね。

肝臓の数値

肝臓の数値とは、γ(ガンマ)-GTPという酵素の値のことで、肝臓の解毒作用と関係のある酵素です。
肝臓の細胞が破壊されたりして弱っているとγ-GTPが血液中に流れ出てきます。そのため、血液中のγ-GTPの値が高いと肝臓で異変が起こっている指標になります。
アルコールを飲みすぎていると脂肪肝になり、最悪の場合、肝硬変になってしまいます。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれているように深刻な症状にならないと異変に気づかないことが多いので、肝臓の数値と呼ばれるγ-GTPに注目して、以上を早期発見することが大切です。

ということで、正常値である肝臓の数値は、女性で「32」、男性で「50」とされています。

血液検査で異常値と言われても、1週間ほど禁酒することで肝臓の数値は下がり始めますが、数値が「100」を超えている場合は、脂肪肝が進行している可能性が高いので、病院での治療をしたほうがいいですね。

肝臓の数値が上がり下がりを繰り返すことは健康にも良くないので、アルコールの飲み過ぎに気を付けましょう。

肝臓の数値が高いとどうなるの?

ちらっと説明しましたが、肝臓の数値が高いということは、肝機能がうまく働いていないということが考えられます。

肝臓の数値が高いとどうなるのか気になるレベルになっているあなたはかなり肝臓にダメージを抱えていると言わざるを得ないでしょう。

先程説明したように、もし、肝臓の数値が正常値を超えて「100」異常になってしまっているのなら、すぐにでも病院で原因を探ってもらったほうがいいでしょう。

以前テレビでやっていたのですが、肝臓にいいと言われている「ウコン」を定期的に飲んでいたら、実は「ウコンアレルギー」だったため、γ-GTPの値が「1000」を超えていたという話があって、もうちょっと遅れていたら、命を落としてしまっていたかもしれないという状態でした。

ここまでいかないにしても、肝臓は沈黙の臓器といわれ症状が出てしまったときには少し深刻な状況になっていることが考えられますので、肝臓の数値が高い場合には、すぐに病院で精密検査をしてもらったほうがいいですね。

まずは医者そしてサプリ

すでに説明しましたが、血液検査で肝臓の数値が高い場合、まずは病院で医者に見てもらうことが大切です。

ほっておいて大変なことになってからでは遅いので、肝臓の数値に異常が見られた場合は速攻医者に見てもらいましょう。

もしそれで問題がないのなら、1週間から2週間の間お酒を控えることで比較的すぐに数値が下がってくる場合は普段から肝臓に良いとされるサプリを使ってみるといいでしょう。

「飲む前に飲む」で有名なウコンは二日酔いにならないという口コミがあったりしますが、ある意味アルコールを飲む前に服用するイメージが強いと思います。

一方で、定期的に摂取することで体のめぐりを良くして肝臓の働きをサポートしれくれる成分もあるんですが、それが、最近話題になってきている

サポニン

です。

ということで、そのサポニンの効果をみてみましょう。

サポニンの効果

サポニンには、γ-GTPの数値を下げてくれる働きがあるので、肝臓の働きをサポートしてくれるんです。

そんなサポニンには、肝機能向上を含めて次のような効果が期待できるんです。

  • 抗酸化作用
  • 免疫力向上
  • 血流改善
  • 肝機能向上

順番にその効果を紹介しますね。

抗酸化作用

サポニンは活性酸素を除去してくれる効果があり、脂肪が酸化して血液の中に脂肪が蓄積することを予防する効果があります。
活性酸素は血液中のコレステロールや脂肪を酸化して、悪玉コレステロールを生成してしまうんですね。
なので、この活性酸素を除去してくれるサポニンは、動脈硬化などにも効果があるとされています。

免疫力向上

サポニンには、ナチュラルキラー細胞を活性化させる働きがあって、免疫力を高めてインフルエンザなどの感染症にかかりにくくする効果が期待できます。
ナチュラルキラー細胞というと悪そうなイメージがありますが、免疫機能を高めてくれるリンパ球の一種で、この細胞が活性化されるとウイルスや細菌から守ってくれるんですね。

血流改善

サポニンは、活性酸素を除去してくれるので、血管に血栓ができるのを防いでくれ、毛細血管の流れを良くする効果が期待できます。
また、血液が流れやすくなることで冷え性の改善につながったりもします。

肝機能向上

サポニンには活性酸素を除去してくれる働きがあると言いましたが、コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されると【過酸化脂質】になって、肝臓に蓄えられていってしまいます。

【過酸化脂質】が肝臓に溜まってしまうと脂肪肝や肝硬変の原因になってしまうので、もともとの元凶である【活性酸素】を除去してくれることにより肝機能の向上が期待できるということです。

このように、さまざまな効果が期待できるサポニンですが、活性酸素を除去してくれる働きが最も重要でこのことによって、肝機能が向上し、血液に溢れてきていたγ-GTPの数値が正常値をキープできるようになります。

サポニンをサプリから摂取して、健康なからだを手に入れましょう

肝臓の数値が高い人にピッタリのサプリ【白井田七】

サポニンの効果を見てきましたが、そのサポニンを多く含むものでは、漢方薬の「高麗人参」が有名です。

高麗人参を使ったサプリメントでは、ていねい通販の【高麗美人】は、サポニンが豊富と呼ばれている大豆の7倍程度含んでいると言われています。

さらに、その高麗人参よりサポニンを多く含む漢方が

田七人参

肝臓の数値が高いとどうなるの

【田七人参】は、高麗人参と同じ種類植物で、漢方薬として重宝されているのですが、サポニンの含有量はなんと高麗人参の約7倍!!

肝臓の数値が高いとどうなるの

ついつい有名な高麗人参に手を伸ばしてしまいがちですが、高麗人参の7倍もサポニンを含んでいるということは、単純に考えると高麗人参の7倍も効果が期待できるということです。

そして、その【田七人参】を無農薬有機栽培で育てて、サプリメントにした商品があります。

それが【田七人参】をまるごとサプリメントにした

白井田七です。

【白井田七】が生まれるまでには数多くの苦労を乗り越えて商品化されるまでになったわけですが、その【白井田七】の誕生秘話などを知りたい場合は、ぜひこの記事をごらんになってみてください。

【白井田七】更年期がつらい女性のためのサポニンたっぷり田七人参!

定期購入ならお得

そんなこだわりの強い白井田七ですが、定期購入の場合、初回限定で通常価格の39%オフの3,980円。

肝臓の数値が高いとどうなるの

ちなみにこのようなサプリの定期コースの場合、継続に縛りがあるのが当然です。しかし【白井田七】の定期コースには継続の縛りがありません。

使ってみて体調が悪くなったなどの場合、2回目以降の配送を無料でキャンセルすることが可能です。

また、利用者が安心して【白井田七】を試せるように、15日以内ならす商品代金を返金してくれる

15日間返金保証サービス

もついているんです。

あなたにリスクはないわけです!

もし使ってみて満足できなかった場合、安心の15日間返金保証を活用してみてください!

肝臓の数値が高いとどうなる?とお悩みのあなたにぜひ試していただきたい商品なので、ぜひ、【白井田七】をお試しください!

肝臓の数値を下げるサプリ 白井田七 田七人参肝臓の数値を下げるサプリ 白井田七 田七人参